旭川民間保育園相互育成会とは

研修部

平成30年度新保育所保育指針研修会Ⅱ を終えて

平成30年4月28日(土)旭川市勤労者福祉会館 2階大会議室 にて、

「保育所保育指針の改定について」の研修が行なわれました。

講師は武蔵野大学教育学部児童学科  准教授 箕輪 潤子氏 に、ご講義頂きました。

改定の背景についてわかりやすく説明してくださり、

今後の子供たちが社会情動的(非認知能力)スキルがいかに必要かを強調されて いました。

そのために乳児期から大切にするべき3つの視点から 幼児期の育みたい資質・能力を育て

小学校では幼児期の教育を踏まえて指導を行っていく流れを作れるのが

今回の改定の意味であることも知る機会になりました。

指針の改定ごとに自分達の保育で大切にしてきたこと

今後見直していくべきことを見つめなおす視点を学ぶことが出来た内容 でありました。

 

講義の様子

IMG_7127              

このページのTOPへ戻る

プラグインについて

プラグインが最新でない場合に正常に表示されないコンテンツあります。最新のプラグインをインストールしてご利用下さい。

adobereader

flashplayer