旭川頌栄保育園

保育目標

「神と人に愛される子ども」
 キリスト教会・日本聖公会旭川聖マルコ教会を母体として市内で2番目に誕生しました。60数年の歴史の中でキリスト教の愛を基本とし、心も身体も健やかに成長することを願って日々保育にあたっています。

法人名 社会福祉法人 聖公会北海道福祉会
理事長名 植松 誠
施設長名 矢部 幸子
設置年月日 昭和24年5月1日
定員 60名
受入年齢 0歳児~5歳児
保育時間 開所時間 7:30~18:30
保育短時間 8:30~16:30
職員 施設長1、保育士11、栄養士2、調理員1、看護師1、事務員1、嘱託医2
住所 070-0052
旭川市2条西3丁目
TEL 0166-23-9508
FAX 0166-22-6362
メール gloria-kids@polka.ocn.ne.jp

どんな保育園?

住宅地の中にあり、近くに青雲小学校、日赤病院があります。園舎は聖マルコ教会の敷地内にあり、広い園庭でのびのびと遊ぶことができます。園舎は1987年に新築しましたが、2010年12月に増築し3歳未満児の保育室を広くし ました。豊かな環境の中でゆったりと過ごすこと、園の中や近隣では十分でないことについては出かけて行って「見てみよう」「やってみよう」と様々な戸外保育をしています。それは神さまが創られた世界に触れることにより、命や、美しさや、不思議さなどに関心を持ってほしいからです。そして気付いたこと、感動したことなどを友だちや、保育士やお家の人と共感し合うことにより豊かな言語と交わりの時を持って、「他人と自分の関係」を作っていくことができるようになってほしいと思っています。

おもしろ体験いろいろ・・やってみよう、見てみよう

自分の目で見る、人の話やさまざまな事象に耳を傾ける、手を使ってやってみる(見る、聴く、する)を大事にしています。種まきや苗植えをして育て、収穫して自分達で調理しますが、大豆は枝豆、豆腐、おから、黄粉、になり、じゃが芋は塩ゆで、マッシュ、肉じゃが、ポトフにと一つの素材がいろいろな食べ物になることを体験します。年長児と卒園した1.2年生との交流キャンプは子どもの縦社会を作り、夕涼み会、バザー、餅つき、観劇会など、お家の方との楽しいひとときを作ります。様々なことを沢山経験した子どもは豊かな思考と探求心を持ち、失敗と成功の中で他者から受け入れられること、認められることを体験することにより自信をもち自分を愛することができます。自分を愛することができる子は他人を愛することができる、ここにキリスト教保育の真髄があります。

このページのTOPへ戻る

アクセス

市内1条8丁目電気軌道バス 1番乗車、「日赤前」下車、徒歩2分
市内1条7丁目道北バス「神居線」乗車、「1条2丁目」下車、徒歩3分
車、市中心部より西へ。4条西3丁目遠軽信金左折1条通り・JR高架手前右折

このページのTOPへ戻る

メニュー

中央・北星地区
春光・末広地区
新旭川・永山地区
神楽・神居地区
東光・豊岡・東旭川地区