旭川春光台保育園

保育目標

一人一人が大切にされ仲間と共に育つ
<めざす子ども像>
 ・元気に友だちと遊べる子ども
 ・自分のことは自分でできる子ども
 ・のびのび表現できる子ども

 

 本園では、「子ども一人一人が大切にされ仲間と共に育つ」ことをめざし、「創育」(保育士が子どもと一緒になって遊び、笑い考える保育)を基本姿勢としています。

法人名 社会福祉法人 旭川木の実会
理事長名 遠藤 功
施設長名 榊 百樹子
設置年月日 昭和56年4月1日
定員 70名
受入年齢 0歳児~5歳児
保育時間 開所時間 7:30~18:30
保育短時間 8:30~16:30
特別保育 特別支援
職員 施設長1、保育士女10、栄養士1、事務員1、調理員 2、用務員1、嘱託医2、保育士パート5、調理員パート2
住所 071-8143
旭川市春光台3条3丁目5番27号
TEL 0166-54-3106
FAX 0166-54-3176
メール syunkodai_ho@kih.biglobe.ne.jp
HPアドレス http://www.shunkoudai-hoikuen.jp

どんな保育園?

「創育」をめざし「EP保育」を行っています。

 「EP保育」は、子どもが楽しく夢中になって遊び、子どもの遊びが発展する保育です。保育士は、子どもの興味・関心を大切にし一緒になって遊び、それを広げ、子どもの学びの芽を育てます。0才児から5才児まで、一人一人が生き生きと友だちや保育士と共に楽しく活動しています。

 写真は、3歳児の取り組みで、絵本「三びきのこぶた」から広がった活動を、保護者に「遊びの木」として紹介したものと、 4才児の取り組みで、「ハロウィンパーティ」から遊びが広がり、「ファッションショー」へと発展したエンディングの場面です。

 日常的には、日本の伝統に親しむ毎月の行事やわらべ歌、春、秋のピクニック、夏の千代の山プール、園庭での水あそび、 冬の歩くスキーやそり滑りなど楽しい活動がいっぱいあります。室内でも、リズム運動やウオールクライミング、和太鼓、 積み木遊び、昔遊び、茶道など、楽しく遊べる環境があります。

このページのTOPへ戻る

アクセス

道北バス(旭川駅前3番バス停発)29番、30番 春光台2条3丁目 下車 徒歩5分 又は春光台3条4丁目 下車 徒歩5分

このページのTOPへ戻る

メニュー

中央・北星地区
春光・末広地区
新旭川・永山地区
神楽・神居地区
東光・豊岡・東旭川地区